それぞれの特徴|ピンチの時はショッピング枠を使ってクレジットカードを現金化!

ピンチの時はショッピング枠を使ってクレジットカードを現金化!

スーツの女性

それぞれの特徴

お金を持っている男性

クレジットカードを現金化する2つの方法には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まずは、現金化業者を利用する方法です。
メリットは、商品を購入すればすぐに換金してもらえるところです。ネットバンクを利用すれば振り込みもスピーディーなので、急いでいる時にはかなり便利です。こういった業者では、24時間365日対応してくれるところがほとんどなので、曜日や時間に関係なく利用することができます。ネット上でのやり取りなので、店舗へわざわざ行く手間もありません。スマホからも手軽に利用できます。複数の現金化業者がありますので、比較してより高い換金率のところを選ぶことができます。常に換金率が安定しているところもメリットとなっています。ただデメリットもあります。換金率が75~90%ぐらいで、それ以上の換金率になることはありません。

その点、自分でクレジットカードを使って現金化する方法では、やり方によっては換金率を最大に高めることができます。
とは言え、こちらにもデメリットがあります。やはり自分で売買するとなると、それなりの時間がかかります。すぐに現金を手に入れるのは難しいことが多いです。換金率の高い商品や買取業者などのリサーチをする必要もあります。店舗に行ったり、商品を発送するなど、何かと手間がかかることが多いです。また一番のデメリットとなるのが、クレジットカードが利用停止となるリスクがあることです。換金率の高い商品は、クレジットカード会社からもチェックが入りやすいからです。